施工事例集

間接照明による美容サロンの照明計画

美容室へ訪れる人は、日常からの回避やリラックス空間としての役割をどこかに求めます。

照明デザインとしては、店舗全体を優しく包みこみながら、メイクやカット作業に支障のない空間を設計しなくてはなりません。

間接照明を多用する店舗デザインとなります。

美容サロンの照明計画

 

留意するのは全体の照度と、各ブースでの求められる役割としての照明のバランスです。
間接照明での空間演出の際は、極力、ダウンライトや直接目に入る光源は排除します。
そうする事で、間接照明だけでも十分な手元の明るさが確保できます。

特にシャンプーブースではお客様の目に光源が見えない配慮が大切です。
ソファーエリアもダウンライトを排除すれば、雑誌への映り込みが抑えれます。

 

美容サロンの照明計画

 

■ 間接照明のプラン作成:留意点

・各ブースの明るさと、店舗全体の明るさのコントラスト
・お客様の視線に光源がはいらない工夫
・リラックスできる店舗全体の雰囲気の演出

 

美容サロンの照明計画

■ プランの後は、実際の照明器具を選択します。プラン通りの演出と照明効果が出せるのかが重要ですが、
照明機器のメンテナンス(掃除、交換)のしやすさなど、実務的な部分も検討いたします。

 

一覧へ戻る

Copyright(C) 2004-2015 All rights reserved by Musashino densetsu Ltd.