常照寺

常照寺(じょうしょうじ)背景:
神奈川県横浜市南区南太田にある日蓮宗の寺院。江戸時代大奥に祀られていたという鬼子母神像を祀っています。
しかも大本堂は、横浜第一の規模となるものです。
この歴史ある常照寺の本堂ライトアップ計画。RGB投光器を使用し緑色と青色の配色を計算し掛け合わせて、幻想的であり、ドラマチック空間演出を計画いたしました。

証明計画:
入母屋造りの本堂屋根の正面に大千鳥破風、さらにその前下方に唐破風の三連造りとなっています。(唐破風三連は非常に珍しく、他に例を見ない)

この3連につながる迫力はここだけのものです。

昼間でも迫力あるこの唐破風三連をさらに証明で浮き出させることに留意しました。
青色の投影は、冷たさのみが強調される場合のあり、青の持つ様性を表現するために、「緑」をあてることにしました。
おそらく鑑賞者には、この緑の役割は気がつかないと思います。
廊下側にある既存の暖色系の証明とのコントラストも計算したものです。
また、ライトアップの特徴は、遠くからの視線を留める役割もあります。
京急南太田駅に向かって本堂があるため、駅側からの視線を計算し、普段は気がつかない本堂の存在を示すことにもなりました。

一覧へ戻る

Copyright(C) 2004-2015 All rights reserved by Musashino densetsu Ltd.